NEWS 企画展「虫展 −デザインのお手本−」参加のお知らせ企画展「虫展 −デザインのお手本−」参加のお知らせ

2019.7.19

21_21 DESIGN SIGHTにて開催中の虫展に
三澤デザイン研究室も出展しています。
本日7月19日から始まりました。
ゾウムシを観察する仕組みを10つ制作しました。
ぜひお越し下さいませ。

_________


以下、公式HP http://www.2121designsight.jp/program/insects/より引用しております。

21_21 DESIGN SIGHTでは2019年7月19日より企画展「虫展 −デザインのお手本−」を開催します。展覧会ディレクターにはグラフィックデザイナーの佐藤 卓、企画監修には虫好きとしても知られる解剖学者の養老孟司を迎えます。
自然を映し出す存在である、虫。私たちの身近にいながら、実はそのほとんどの生態はわかっていません。虫の色、質感、構造、また習性には、私たちの想像をはるかに超える未知の世界が広がっています。人類よりもずっと長い歴史のなかで進化を続けてきた多様な虫の姿からは、さまざまな創造の可能性が浮かび上がってきます。本展覧会は、知れば知るほど不思議な虫たちを「デザインのお手本」にする試みです。
会場では、デザイナー、建築家、構造家、アーティストたちが、虫から着想を得たさまざまな作品を展示します。小さな身体を支える骨格を人工物に当てはめてみたり、翅(はね)を上手にしまう仕組みをロボットに応用してみたり、幼虫がつくり出す巣の構造を建築に当てはめてみたり...。一つの虫をじっくり観察したら、その口、目、脚から驚くような工夫が見つかりました。あるいは、人間が虫と関わってきたなかでつけた名前には面白いルールがありました。
クリエイターが、そして訪れる一人ひとりが、虫の多様性や人間との関係性を通して、デザインの新たな一面を虫から学ぶ展覧会です。

会期:2019年7月19日(金) - 11月4日(月・祝)
会場:21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2
休館日:火曜日(10月22日は開館)
開館時間:10:00 - 19:00(入場は18:30まで)
入館料:一般 1,200円、大学生 800円、高校生 500円、中学生以下無料
主催:21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団
後援:文化庁、経済産業省、港区教育委員会
特別協賛:三井不動産株式会社
協賛:株式会社TSDO
協力:株式会社ストラタシス・ジャパン、九州大学総合研究博物館、キヤノン株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社

展覧会ディレクター:佐藤 卓
企画監修:養老孟司
展示構成、グラフィックデザイン(告知):岡崎智弘
企画協力:小檜山賢二、福井敬貴、丸山宗利
グラフィックデザイン(会場):向井 翠(TSDO)
会場構成:五十嵐瑠衣
テキスト:角尾 舞
企画監修協力:足立真穂

参加作家:
阿部洋介、石黒 猛、岡 篤郎+小林真大、隈研吾建築都市設計事務所+アラン・バーデン/江尻憲泰/佐藤 淳、小檜山賢二、鈴木啓太、中野豪雄、長谷川弘佳、パーフェクトロン、三澤 遥(日本デザインセンター)、水江未来、向井 翠(TSDO)、村山 誠、藤田すずか+宇野由希子+阿部憲嗣、山中俊治+斉藤一哉+杉原 寛+谷道鼓太朗+村松 充、吉泉 聡(TAKT PROJECT)、脇田 玲
展示監修・協力:
野村周平(国立科学博物館)、小島弘昭(東京農業大学)、奥山清市、長島聖大、槐 真史、新里達也(株式会社 環境指標生物)、Institute of Plastination、佐々木正人(多摩美術大学)、針山孝彦(浜松医科大学)、平井文彦(Tokyo Bug Boys)、村上貴弘(九州大学決断科学センター)、新山龍馬(東京大学)、若原弘之

21_21 DESIGN SIGHTディレクター:三宅一生、佐藤 卓、深澤直人
アソシエイトディレクター:川上典李子
プログラム・ディレクター:前村達也

_________

三澤デザイン研究室 出展作品「視点の採集」

目を増やす。寄る目。引く目。まわる目。測る目。比べる目。想像する目。色んな目を持っていると、見慣れた世界に潜んでいる、見たこともない姿が見えてきます。たとえば私たちは、ゾウムシのことをほとんど知りません。地球のあらゆる国々に、意外なほどすぐそばに(この施設のまわりにも)いる、とても身近な存在なのに。でも、さまざまな視点から眺めてみると、小さなゾウムシの向こう側に、大きくて広い世界があることがわかってきます。それはまるで宇宙のように果てしない世界です。
「視点の採集」は、ゾウムシの多様な生態の一片をのぞき見ることができる、いくつかの異なる視点を取り集めた展示です。それぞれの目を通して見ているうちに、目の前にいる生きものが静かに教えてくれるはずです。日常には未知があふれていることを。そして、視点をちょっと変えるだけで、目に映る世界が変わって見えてくることを。

アートディレクション:三澤 遥(日本デザインセンター)
デザイン:三澤 遥、本山真帆、佐々木耕平、大淵玉美(日本デザインセンター)
コピーライティング:磯目 健(日本デザインセンター)
メカニカルデザイン:武井祥平、井上𣳾一(nomena)
製作協力:株式会社ショウエイ、HIGURE 17-15 cas、日の出工芸株式会社
監修協力:小島弘昭、小檜山賢二
標本協力:福井敬貴


21_21 DESIGN SIGHTにて開催中の虫展に
三澤デザイン研究室も出展しています。
本日7月19日から始まりました。
ゾウムシを観察する仕組みを10つ制作しました。
ぜひお越し下さいませ。

_________


以下、公式HP http://www.2121designsight.jp/program/insects/より引用しております。

21_21 DESIGN SIGHTでは2019年7月19日より企画展「虫展 −デザインのお手本−」を開催します。展覧会ディレクターにはグラフィックデザイナーの佐藤 卓、企画監修には虫好きとしても知られる解剖学者の養老孟司を迎えます。
自然を映し出す存在である、虫。私たちの身近にいながら、実はそのほとんどの生態はわかっていません。虫の色、質感、構造、また習性には、私たちの想像をはるかに超える未知の世界が広がっています。人類よりもずっと長い歴史のなかで進化を続けてきた多様な虫の姿からは、さまざまな創造の可能性が浮かび上がってきます。本展覧会は、知れば知るほど不思議な虫たちを「デザインのお手本」にする試みです。
会場では、デザイナー、建築家、構造家、アーティストたちが、虫から着想を得たさまざまな作品を展示します。小さな身体を支える骨格を人工物に当てはめてみたり、翅(はね)を上手にしまう仕組みをロボットに応用してみたり、幼虫がつくり出す巣の構造を建築に当てはめてみたり...。一つの虫をじっくり観察したら、その口、目、脚から驚くような工夫が見つかりました。あるいは、人間が虫と関わってきたなかでつけた名前には面白いルールがありました。
クリエイターが、そして訪れる一人ひとりが、虫の多様性や人間との関係性を通して、デザインの新たな一面を虫から学ぶ展覧会です。

会期:2019年7月19日(金) - 11月4日(月・祝)
会場:21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2
休館日:火曜日(10月22日は開館)
開館時間:10:00 - 19:00(入場は18:30まで)
入館料:一般 1,200円、大学生 800円、高校生 500円、中学生以下無料
主催:21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団
後援:文化庁、経済産業省、港区教育委員会
特別協賛:三井不動産株式会社
協賛:株式会社TSDO
協力:株式会社ストラタシス・ジャパン、九州大学総合研究博物館、キヤノン株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社

展覧会ディレクター:佐藤 卓
企画監修:養老孟司
展示構成、グラフィックデザイン(告知):岡崎智弘
企画協力:小檜山賢二、福井敬貴、丸山宗利
グラフィックデザイン(会場):向井 翠(TSDO)
会場構成:五十嵐瑠衣
テキスト:角尾 舞
企画監修協力:足立真穂

参加作家:
阿部洋介、石黒 猛、岡 篤郎+小林真大、隈研吾建築都市設計事務所+アラン・バーデン/江尻憲泰/佐藤 淳、小檜山賢二、鈴木啓太、中野豪雄、長谷川弘佳、パーフェクトロン、三澤 遥(日本デザインセンター)、水江未来、向井 翠(TSDO)、村山 誠、藤田すずか+宇野由希子+阿部憲嗣、山中俊治+斉藤一哉+杉原 寛+谷道鼓太朗+村松 充、吉泉 聡(TAKT PROJECT)、脇田 玲
展示監修・協力:
野村周平(国立科学博物館)、小島弘昭(東京農業大学)、奥山清市、長島聖大、槐 真史、新里達也(株式会社 環境指標生物)、Institute of Plastination、佐々木正人(多摩美術大学)、針山孝彦(浜松医科大学)、平井文彦(Tokyo Bug Boys)、村上貴弘(九州大学決断科学センター)、新山龍馬(東京大学)、若原弘之

21_21 DESIGN SIGHTディレクター:三宅一生、佐藤 卓、深澤直人
アソシエイトディレクター:川上典李子
プログラム・ディレクター:前村達也

_________

Viewpoint HuntingCollection

Weevils are said to be the largest species within their classification. They differ from each other largely in terms of colour, size and diet. This work shows weevils from multiple angles, using devicesdevises such as lenses and shadow pictures.
Shown here is a collection of viewpoints gained by multiplying, zooming inzooming-in and out, scanning, measuring, comparing and imagining. This revealsrevels never-before-seennever-before seen aspects of a world hidden behind the one we know. We know very little about weevils, although they are ubiquitous in almost every country - always close to us (and all around this museum too). Looking at weevils from different angles reveals a vast and endless world of nature. 
Viewpoint Hunting shows glimpses into the diverse ecology of weevils. As you inspect them, the creatures will gradually reveal how full our everyday life is of things unknown. Shifting your viewpoint even slightly dramatically changes the way you see the world.


Design: Nippon Design Center, Inc., MISAWA DESIGN INSTITUTE 
Mechanical Design: nomena(Shohei Takei、Taichi Inoue)
Production Cooperation: SHOEI Inc. 、HIGURE 17-15 cas、HINODE INDUSTRIAL ARTS Co., Ltd.
Exhibit Supervision: Hiroaki Kojima (Tokyo University of Agriculture), Kenji Kohiyama
Specimens Cooperation: Keiki Fukui


写真:本山真帆Photo by Maho Motoyama