WORKS Paper flowerPaper flower

2014

鉛筆削りで鉛筆を削ったとき、削り屑が目を見張るほど美しい造形になったことがあります。輪冠状に丸まった削り屑の佇まいは、花びらに似ていて、捨てるにはもったいないほど美しいものでした。紙の積層の魅力を生かせば、そのとき感じたはっとする感動を、より凝縮して再現できるのではと考えました。「紙の花」は名前の通り、紙でできた花です。鉛筆状の細長い紙の巻物を鉛筆削りで削ることで花が咲きます。グラデーションを刷った紙(紙:ビオトープ)全体に接着剤を塗り、芯に巻いて鉛筆状の細長い固まりを作り、それを削ります。削り屑は直径15〜40mmと小さいですが、よく目を凝らすと、薄くスライスされた幾層にも重なった紙の集積でできています。紙本来の色が現れる断面、印刷のインクの乗った側面、紙一枚一枚の物質感が見えてきます。
紙の花びらは、静かにそっと机の上に咲きます。削る加減により、厚ぼったくもなり透けるほど薄くもなり、ひとつとして同じ花はできません。一回削ると、きっと、また削ってみたくなります。

Sharpening my pencil, the pencil shavings presenting an arrestingly beautiful form. Curled up in a ring-shaped crown, they looked like the petals of a flower. I thought I could reproduce that stunning impression in a more crystallized way using layers of paper, so that a flower blossoms when a pencil-shaped cylindrical scroll of paper is sharpened. I printed BIOTOPE GA-FS paper with a color gradation, applied paste to the surface, wrapped it around a core into a pencil-like form, and shaved it. These “pencil” shavings are only about 15mm-40mm in diameter, but a close look reveals individual shavings made of thinly sliced, multi-layered paper. You can sense the materiality of the individual sheets of paper, both from the cross section showing the paper’s original color and from the printed side.
Each Paper Flower will bloom quietly and softly on your desk. Depending on how you sharpen it, the shavings may be thick and heavy, or so thin as to be almost transparent, so you can’t make the same flower twice. Once you’ve created one, you’re bound to try again.

CD
原 研哉Kenya HARA
D
三澤 遥Haruka MISAWA
P
関口尚志/amanagroupTakashi SEKIGUCHI/amanagroup
CL
株式会社 竹尾TAKEO Co.,Ltd.
2014
TAKEO PAPER SHOW 2014「SUBTLE」(企画・構成|原研哉+原デザイン研究所)への出展作品TAKEO PAPER SHOW 2014「SUBTLE」